excitemusic

漁師のやる気まんまんブログ
by skveavmnru
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<覚せい剤>のみ込んで密輸、成田で摘発…容疑者を起訴(毎日新聞)

 覚せい剤約1.2キロ(末端価格1億1000万円)をのみ込んで密輸したとして千葉地検は21日、ナイジェリア国籍で住所不定、無職、アボ・トビアス・ヌオラー容疑者(46)を覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)と関税法違反の罪で起訴した。東京税関成田支署によると、覚せい剤をのみ込む手口で、成田空港で摘発されたケースでは過去最高量という。

 起訴状などによると、ヌオラー被告は5月1日、ナイジェリアからエジプト経由で成田に到着。覚せい剤約1.2キロをラップなどに包んで小分けし、計80袋をのみ込んで密輸したとしている。【中川聡子】

【関連ニュース】
指定薬物販売容疑:ラッシュ9千本密売か、警視庁が男逮捕
大麻所持容疑:26キロ押収 ネット通販の2人逮捕
覚せい剤:300キロ密輸、会社役員に無期判決 福岡地裁
覚せい剤所持:京大生に有罪判決 大阪地裁
YOU THE ROCK★:大麻所持で実刑判決

コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ―農業生物研(時事通信)
「仮想空間」商法で捜索…特商法違反容疑(読売新聞)
<大雨>25日にかけ近畿・東北で200ミリ 関東は100ミリ(毎日新聞)
<マルチ商法>「仮想空間」IT会社を家宅捜索へ 埼玉県警(毎日新聞)
<生物多様性の日>大学生らが重要性を訴え 東京・渋谷(毎日新聞)
[PR]
by skveavmnru | 2010-05-28 23:15

「児童に重大な損害を与える」 江戸川区立小学校に包丁と脅迫文(産経新聞)

 東京都江戸川区の小学校に、「児童に損害を与える」という内容の脅迫文と包丁が入った小包が届いていたことが13日、同区などへの取材で分かった。警視庁葛西署は学校周辺のパトロールを強化し、脅迫容疑で捜査している。

 同区や同署によると、11日午後、区立小学校に学校あての郵便小包が届き、12日午前11時ごろに職員が開封したところ、中に包丁と脅迫文が入っていた。脅迫文はA4の紙にワープロ文字で、「教育者の職務怠慢だ」「児童に重大な損害を与えるものと覚悟せよ」などと書かれていた。差出人名はなかった。

 同校には先月23日にも校長あてに「殺人をした者が近くにいるので気をつけろ」という趣旨の脅迫文が封筒で送られており、関連を調べている。

【関連記事】
ツイッターに「東国原殺す」 脅迫容疑で捜査
吉本興業に再び脅迫状「どこに居ても、いつでも 手は届くぞ」
「放火して丸焼きにしてやる」浜崎あゆみさん宅に脅迫文 容疑の男を逮捕
愉快犯か報復か 被害拡大…食料品への縫い針混入
兵庫県内の開業医らに脅迫文相次ぐ、金銭要求も 悪質ないたずらか

バラとガーデニングショウ 100万輪 西武ドームで開幕(毎日新聞)
訃報 鈴木俊一元東京都知事死去 新宿に都庁移転 99歳(毎日新聞)
NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入(産経新聞)
小沢氏、聴取応じる意向(産経新聞)
「裁判員は違憲」不服申し立て棄却 最高裁(産経新聞)
[PR]
by skveavmnru | 2010-05-20 16:01

大阪の街頭犯罪激減、東京との差10分の1に(読売新聞)

 ひったくりなど街頭犯罪(8手口)の発生件数が昨年まで10年連続全国ワースト1の大阪府で、今年1〜3月の街頭犯罪発生件数が1万8144件となり、昨年同期より2割近く減ったことが、府警の調べでわかった。

 依然として全国最多だが、2位・東京都との差は313件で昨年同期の10分の1に。府内各署に街頭犯罪専門の「直轄警察隊」を作ったり、「覆面バイク隊」を導入したりして取り締まりを強化する一方、防犯ボランティアが活躍した成果といい、目標の「2011年中の汚名返上」が現実味を帯びてきた。

 府警によると、大阪の街頭犯罪は近年、減少傾向が続き、昨年は9万4525件で22年ぶりに10万件を切り、ピークの01年(20万4831件)の半分以下に。東京との年間件数の差も08年の1万8349件から、09年は8808件に一気に縮まってきた。

 今年に入っても東京との差はさらに縮小し、1〜3月期は09年の3088件からほぼ9割減。昨年同時期からの減少率では、大阪16%に対し、東京は4%にとどまり、大阪の“猛追ぶり”が表れた格好だ。

 特に減少が目立つのはひったくり。昨年まで34年連続で全国最多で「大阪名物」とまで揶揄(やゆ)されるが、最近は発生後、捜査員を集中投入して現場周辺の防犯カメラを細かくチェックし、犯人を割り出す手法が奏功。今年1〜3月は昨年同期より62件多い247件を摘発し、発生件数で約3割減の651件となった。

 捜査関係者によると、ひったくり犯は常習的に犯行を重ねるケースが多いことから、摘発こそが防犯につながるという。

 今年2月中旬には、大阪・ミナミを中心にひったくりを重ねていた解体工の男(29)を窃盗容疑で逮捕し、昨年4月からの計27件(被害総額約1330万円)を裏付けた。男の逮捕や警戒活動で、ミナミを主に管轄する南署管内の1〜3月のひったくりは20件で、昨年同期より半減したという。

 一方、自治体や防犯ボランティアが車に青色の回転灯を載せ、繁華街や住宅地などを巡回する「青色パトロール隊」の活躍も、街頭犯罪減少に大きな役割を果たす。05年から全国各地で発足しているが、大阪では、09年のボランティアの隊員数は2万1842人で、05年の10倍に上るまでになっている。

 府警幹部は「取り締まりの強化に加え、防犯ボランティアの活動が街頭犯罪の抑止につながっていると考えられる。官民一体となった取り組みで、長年続くワースト1を必ず返上する」と意気込んでいる。

燃えさかる炎、爆発音も=「真っ黒い煙が20〜30メートル」−山陽道事故(時事通信)
政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
クイズで学ぶ男女共同参画 松戸で検定問題集を無料配布(産経新聞)
<日照時間>4月の観測史上最少に 仙台市などで9地点(毎日新聞)
【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)
[PR]
by skveavmnru | 2010-05-13 03:53